fc2ブログ
2023/07/23

丁寧な暮らし

先輩の夢をみました。
ここ最近、何度も夢に先輩が出てきます。
先日 先輩のお宅に遊びに行ったときからです。

女性、×なし独身、一人暮らしの先輩。
定年退職し、郊外に引っ越しました。
名古屋の真ん中にあるマンションから離れ 
田んぼが広がる町の古民家を安く借りました。
引越しを機に家財道具は処分しました。
先日遊びに行ったら、何も置かれていない殺風景な部屋にビックリ。
和室には小さなテーブルと座布団、端にテレビが置かれているだけ。
台所は冷蔵庫だけ。食器はお皿も茶わんもコップも一人分だけ。
寝室は何も置いてなく、押し入れを上手に活用して洋服が収納されてました。
庭にはプランターが二つ。ひとつはバジル、
もうひとつは可愛い花が咲いていました。
堆肥は生ごみで作っているとか。
べジブロスというスープも御馳走になりました。
ヨガ教室にも通い始めていると楽しそうです。
すごく殺風景な部屋だったけれど、清潔感にあふれていたし
とても丁寧な暮らしをされていました。憧れます。
わたしもいつか!!   そんな暮らしを夢みています。


※写真は午前5時ごろの朝日です。

 今日も暑くなるぞー !!!

朝日朝日 (2)







スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

慌ただしい都会生活でのお勤めを終えて長閑な、あ知に引っ越しされた先輩の家はすべて一人だけで生活するに必要なもの以外は置いていない殺風景な家、でも先輩の心は充実感で一杯なのですね。
このように上手に切り替えられる人は素敵ですね。

目標

ステキな先輩ですね。
シンプルに生きるには、シンプルの向こう側の豊かさが必要の様です。

シンプルを支える精神の高さはかなりの努力と交換でしか手に入らないとか、

私もそんな沢山の先輩達に教えられました。
夢に出て来る程の印象!!
そんな気持ちを大切にして行けばきっと、
近付いて行けるのでしょう。
楽しみですね。

常実夢夫 さんへ

先輩の家から帰ったら、余分なものが一杯の我が家に気付かされました。
観葉植物だの、ぬいぐるみだの、小物や雑貨等々・・
愛着があってなかなか捨てられないけれど、少しずつ処分したいとと思っています。

マーニさんへ

衝撃というか感動というか・・いろんな刺激を受けました。
無駄のない暮らしって贅沢でもあり、やっぱり憧れます。
私の若い頃は、老後は人気のない山奥で自給自足したい。なんていうのが夢でしたが
高齢者になってから病院も銀行もスーパーもない所は大変だよ。とみんなに言われ・・
でも、先輩のような暮らしなら いつか出来る気がしてます。(^O^)/

う~ん🤔

遠縁にあたる姉弟、ポツンと一軒家みたいな環境…無口な弟家に残る(一昨年独身のまま死去) 口から生まれたような姉都会に憧れて横浜に所帯もち成人した子供二人(女性)家屋敷処分したい相談受けた時娘さん二人リホームしてこちらに住みたいだって‼
横浜~岩手あまりにも遠すぎます、この先輩のように定年後だったら良いのですがね。

チョイ悪さんへ

私はマジてポツンとい一軒家に憧れていたんですよ。でもそれは徐々に薄れました。
先輩が暮らすところは、クリニックもコンビニも銀行もあるし、昔懐かしい小さなスナックもありました。
水洗トイレは紐を引っ張って流すやつ・・・(^O^)/