fc2ブログ
2023/09/05

老いては個(孤)に従え

日曜日の中日新聞サンデー版にあるコラム
飛島圭介の「おじさん図鑑」のファンです。
昨日も面白い記事がありました。 

2782.jpg

鬼籍に入ってもう二度と会えない人は別として、おじさんは友だちが少ない。
若い頃は友だちは多い方が楽しいし、
いろいろな人間を知る意味でも多くの人との交流は必要だった。
青年期、壮年期は仕事上の人間関係から大切な友人もできたりして、
友だちは増える一方だった。
それが年を経るこどに、いつの間にか友だちといえる人が周囲からいなくなった。
意識的に選んだわけでもなく、けんかしてわけでもないのに、
自然の成り行きでそうなったのだ。今はやりの言い方でいえば
「友だち」を`卒業‘して「知人」になった。

ーーー中省略ーーー

友だちづきあいは何にしても一定の時間と体力が必要だ。
場合によってはお金も必要だ。
それが楽しいと思えるならまごうことない友だちだ。
面倒だな、と思えるなら「友だち卒業」した方が正解だろう。
老いては‘個(孤)‘に従え。独りが楽だ。


この記事に同感です。
以前、「友だちが多い」と自慢する知人から
友だちいないの?と聞かれたことがありました。
親しいのは2人くらいかな・・と答えると
かわいそうに、と哀れられました。
こーゆう人とは、
絶対、友だちにはなれません。(笑)
独りが楽です(^^)v






スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

私は昔から友達が多い方でそのお陰で今でも定期的に顔を合わせる機会が度々あります。
私から友達をとったら多分直ぐに痴呆症になってしまうと思います。
女房は逆で一人で気ままに時間を過ごす方が気楽だって言っています。
ドッチモ有りですね。

う~ん🤔

この記事読んだとき、この通り老いては個(孤)に従え同感でした^^
たまたま本日3カ月に一回行く病院、主治医いわくこれからも話し相手多くの友達を!
すぐ心揺れるチョイ悪です😣

No title

幸さん、こんばんは(^^)

ジェフリー・アーチャーが『獄中記』で、友人なんて者は大抵が「いい時だけの友人だ」とかなんとか書いてました。
この人物の飛んでもなさとは別に、至言ですねww

私も、人間の友人は一人だけです。

常実夢夫さんへ

呑み仲間は沢山いますよ。でも友だちではありません。
気を遣わず楽でいられて楽しい友人を作るのは難しいです。(私の場合)

チョイ悪さんへ

他人と話すことは大事なことかもしれませんね。
例えば旅先で、例えば新規の得意先で、例えば居酒屋のとなりの席の人とか、
見ず知らずの人と出会って話が弾むと楽しいです。

偽のカート・キャノン さんへ

「友だち」って特別なんですよね~
一緒に呑んだり食べたり出掛けたり・・っていうだけで「友だち」とは呼びたくないっていうか・・

No title

初めてコメントさせていただきます。
記事の内容は後にして、このコラムは私も読みました。
中日新聞にも飛鳥圭介氏のコラムは載るのですね。こちらの地方紙山陽新聞にも出ていて、私も好きでいつも読んでいます。
年齢を重ねると付き合う友達は自然とだんだん限られてきます。それでいいのでは。(笑)

miimii さんへ

飛鳥圭介さんのコラムは数社の新聞に掲載されているようです。
このひとのコラムは、「うんうん」「そうそう」と頷くことや、教えられたりは励まされたりすることが多く
「おじさん図鑑」に感化されているおばさん(私)w@r>

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

: もの凄ーくわかるぅ! さんへ

友だちが多いと自慢する人って、よくよく聞けば知人止まりだったりするんですよね~
っていうか、友だちが多いのが〇で、少ないのは×って誰が決めたんでしょうね。